投資信託のはじめ方
投資をするためのお金と計算機

投資信託についてご説明していきますので是非お読みください。投資信託のことを分からない人でも当局の記事を読めばきっと不安を感じずに始められると思います。では、ご説明していきます。

日精樹脂は中国人投資家やアメリカ投資家へも影響する

現在日本を訪れる中国人観光客はたいへん多く、日本のインバウンド需要は広範囲で恩恵を受けています。中国人の来日が多くなった理由は、まずビザの要件が緩和されたこと。収入の条件が軽くなったり、一定の期間のあいだに何度も入国できるようになったりして、該当する中国人が大きく増えました。数年前までは富裕層が観光に来るだけだったのですが、今では一般の観光客も激増しました。もう一つは円安です。人民元に対して円安ですと、中国人にとっては飛行機代、ホテル代、買い物代などがすべて得ですので、どんどん日本にやってきますし、買い物もします。日本で売られている日本企業の製品は評価が高いですので、家電製品、薬、お菓子などが大変人気です。こうしていろいろな業種の日本企業が中国人効果により利益を伸ばしていますので、投資する際にも参考になります。明らかに中国人の「爆買い」の対象になっている業種だけでなく、予想外に中国人観光客の利益を受けている企業がないかを調べてみると投資の上でメリットがあります。観光客とは直接関係がなくても、事業の上で関連が深い日本企業もたくさんあり、そういうところに投資する場合は中国経済の好不況を頭に置いておくといいです。例えば日精樹脂は、中国などの工場を拠点にし生産や修理を行なっています。そもそも日精樹脂は海外が6割を占めていまして、中国のほかアメリカなどでも活躍しています。日精樹脂の主力は射出成形機です。これは、プラスチックのような材料を加熱して溶かし、一気に金型に注入して固め、形をつくって製品を作ることです。このやり方から、プラスチック製品の大量生産品をイメージしますが、日精樹脂は自動車の部品なども手掛けていて、アメリカでも大変重宝されています。海外との取引が多いため、円安だとプラスにならないなどの条件もありますから、日精樹脂に投資する場合は海外の情勢もあわせて考えるといいです。