投資信託を始める前の基礎知識

投資信託では広く人々からお金を集めて投資のプロに運用してもらいます。
プロが国内、海外の株式や債券を選択して運用します。
色々な金融機関で買うことができ証券会社、銀行や信用金庫で購入できます。このような投資信託を販売している会社を販売会社といいます。
大体1万円から買えるものが多いです。
いつでも好きな時に注文することができる追加型と、
募集期間が決まっている単位型の2種類あります。
基本的にはいつでも解約できますが、
途中で解約することのできない期間があるものもあります。
投資信託はその会社のファンドマネージャーが運用します。
その運用資産は受託会社である受託銀行が預かります。
そのため投資信託会社や販売会社が倒産したとしても、
その資産がなくなることはありません。
また、受託会社が倒産してもその運用資産は別に管理されているので
なくなることはありません。
投資信託には色々な手数料が掛かってきます。
その中でも販売手数料と信託報酬は大きいものとなっています。
販売手数料はそれを買う際に掛かる手数料です。
販売手数料の掛からないものもありそれをノーロードファンドと呼びます。
信託報酬は運用に掛かるものと報告書を作成することなどの事務に対する
ものとして掛かってきます。
運用資産のの数%という場合が多いです。
信託報酬の掛からない会社もあります。
基本的には元本保証ではないです。
株取引やFX取引に比べてリスクは少ないかもしれませんが、
元本割れの可能性のある商品です。
そのため過去の実績を調べて納得のいくものを選択しましょう。
また、株取引やFX取引のように大きく儲かるものではありませんが、
自分で運用するのではなくプロに運用してもらえるので
そこはうまく利用することが賢明です。

投資信託の仕組みについて

投資信託の仕組みについて説明します。
投資信託とは、別にファンドとも言い、多くの投資家少しずつ資金を集めて大きな資金として、証券会社や銀行等の運用の専門家が金融商品に投資し、成果として利益分配金が出資額に応じて配当が支払われる仕組みとなっています。
運用はファンダメンタルズ等の市場環境に大きく影響を及ぼされるため、利益が出ることもあれば、損失となることもあります。
投資元本を割り込むリスクのあるリスク型金融商品となります。
銀行に預ける預金とは異なり、元本保証がされていないということです。
投資家から集められた資金は、ひとまとめにして信託銀行に保管されます。
運用を委託する金融機関が信託銀行に指示し、株式購入や国公債、外国為替等の金融商品に大きな資金を投入します。
投資信託には、分配金というお金を投資信託の決算が行われる際に支払う仕組みがあります。
分配金は株式や債券に対して資金投入し、運用益を信託保有口数に応じて分配する仕組みを持ちます。
分配金は信託財産から支払われ、分配金支払い後は純資産額や基準価格が下落します。
現在のような日本株好調であれば、上昇トレンドによって運用益が得られますが、相場が下降し出せば、利回りが悪くなったり、損失が発生することもあるため、リスクを負いたくない人は向きません。
ただ、株やその他の金融商品に明るくない人でも、専門家による運用により運用成果が得られるため、大きな損失を避けることが可能でしょう。
また、少額から積み立てのようにはじめられるため、負担が少ないというメリットもあります。
リスクのある金融商品のため、仕組みをしっかりと理解した上で、自己の判断で取り組むことです。

投資信託の購入方法を知ろう

投資信託は、それを販売している金融機関で購入します。販売を認められている金融機関としては銀行や証券会社などがあります。多くの人はこの二つを通して購入することになるでしょう。購入すると言っても何かものを買うわけではありませんから、実際には購入した投資信託を管理してもらうことが必要になります。そのために、口座開設をします。これは銀行でも証券会社でも同じで、まず口座開設が必要です。

例えば銀行の場合、普通預金口座を開設するのではなくて、投資信託用の口座を開設します。普通預金の口座とは別ですから注意が必要です。すでに利用している銀行がある場合には、預金口座を開設していることと思いますが、その場合であっても別に口座開設をします。その際に定められた手続きが必要になることもあります。

口座開設の手続きはインターネット上で行えることもあります。最近ではネット証券を中心に、インターネット上ですべてが完結するサービスを提供していますから、これらを利用すると便利です。口座開設をするときには身分証明書の提示が必要となります。

口座が開設できれば、次に入金が必要になります。投資支度を購入するための資金を口座に入金します。窓口で現金を渡したり振り替えたりすることもできますし、振り込みで入金することもできます。これらを利用して必要な金額を入金しましょう。


必要な資金を入金すれば、すぐに投資信託を購入することができます。窓口で購入する場合、どの商品が欲しいのかを指定すればすぐに購入することができるでしょう。またインターネット上でも簡単に購入することができます。インターネット上であれば自宅にいながらでも購入できますから非常に便利です。
●こちらも参考にしてください
投資信託解約のススメ
株初心者のための株情報